スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)

 JR三鷹駅の開業80周年を記念して、JR東日本八王子支社と市は協力して同駅の発車メロディーを制作した。

 戦後に三鷹市上連雀に移り住んだ作曲家、中田喜直(1923~2000)の童謡「めだかの学校」のメロディーを選んだ。駅には1~6番線まであるが、各ホームでそれぞれ違う部分のメロディーを使い、通して聴くと一曲になるようにするという。

 三鷹駅は昭和5年6月25日に開業。今月26日に清原慶子市長を一日駅長に迎えて記念式典を行う。清原市長の発車合図で新発車メロディーの使用を始める。

 中田喜直は「ちいさな秋みつけた」「夏の思い出」「雪のふるまちを」など今も歌い継がれる名曲を残した。今年は没後10年に当たり、10月3日に同市芸術文化センターで記念コンサートが開かれる予定。

相次ぐ乳幼児虐待死「刑重く」「子育て支援充実を」 根絶願う声(産経新聞)
阿久根市長告発を受理=職員降格問題―鹿児島地検(時事通信)
<雑記帳>ゲンジボタル模したうどん 滋賀・天野川(毎日新聞)
火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
スポンサーサイト

諫早干拓 農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)について、赤松広隆前農相は4日午後の退任会見で、開門調査の実施を妥当とする政府・与党の検討委員会の報告と、これを尊重する意向を伝えるため、農林水産省幹部を長崎県に派遣していたことを明らかにした。

 赤松氏は開門調査に反対する長崎県を訪問したうえで、実施する意向を5月中に表明する方針だったが、宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題などで訪問できなかった。

【関連ニュース】
口蹄疫:殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省
口蹄疫:農水省が種牛候補を提供の用意 宮崎県の要請で
口蹄疫:「区域外」処理も検討 早期出荷へ農水省
湖北土地改良区:前理事長ら横領の疑い 農水省が告訴要求
口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省

<民主代表選>菅直人氏選出 選挙モードへの突入を宣言(毎日新聞)
<自殺者>遺族を2次被害から守る 全国で署名活動へ(毎日新聞)
菅副総理が代表選出馬へ 首相に伝えたもよう(産経新聞)
「小幅入れ替え」菅新内閣 サプライズは蓮舫議員?(J-CASTニュース)
太蔵氏、参院選に向け決意の丸刈り(スポーツ報知)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。